日本赤十字社 群馬県支部│Japanese Red Cross Society

 

国内災害救護

 

群馬県支部の災害救護体制

群馬県支部の災害救護体制
 
 地震・台風・事故などの災害や、有事の事態が発生した場合、被災地で医療救護活動を行うために赤十字では救護班を派遣します。そのため、日頃から前橋赤十字病院に8班(DMAT2班を含む)、原町赤十字病院に2班の救護班を設けるとともに、多数の傷病者を受け入れ可能な体制を整えています。また、群馬県赤十字血液センターは血液製剤を確保し、県内医療機関に供給します。同時に、赤十字では救援物資の配分、防災ボランティア活動、こころのケア活動等も積極的に行います。
 

医療救護活動

医療救護活動
 
群馬県支部では、前橋赤十字病院に8班(DMAT2班を含む)、原町赤十字病院に2班の医療救護班を事前に登録し、早急に災害現場に出動できる体制を整えています。
 
(DMATのメンバー6名)       (救護班1班のメンバー7名)
・医師                  ・医師
・看護師長                ・看護師長
・看護師 2名                ・看護師 2名
・主事 2名               ・主事 2名
                     ・薬剤師 
 

救援物資の備蓄・配分

救援物資の備蓄・配分
 
群馬県支部では、被災者への救援物資を配布しています。
火事や水害のような小規模災害においても、市町村を通じてお見舞いの品として配布しています。

・毛布
・タオルケット、バスタオル
・緊急セット
 
 

救護資材機材の整備

救護資材機材の整備
 
災害救護活動に必要な救護資機材、車両、医療資機材等を県内赤十字施設、市町村等に配備しています。
 
(主な過去の配備内容)
・災害救援車両(市町村、保健福祉事務所、赤十字施設)
・災害救護倉庫(市町村、保健福祉事務所)
・炊き出し釜(市町村、保健福祉事務所)
・テント(市町村、保健福祉事務所)
・AED(市町村、保健福祉事務所)
・救急車(赤十字病院)
・災害対応資機材(赤十字施設)
 

過去の災害対応

過去の災害対応
 
(過去の災害対応一覧)
日本航空機墜落事故(昭和60年8月13日~9月28日)
北海道南西沖地震(平成5年8月10日~16日)
阪神・淡路大震災(平成7年1月21日~2月22日)
水上豪雨災害(平成10年8月27日~9月1日)
北海道有珠山噴火災害(平成12年4月27日~30日)
尾島町化学工場爆発事故(平成12年6月10日)
水上町湯檜曽川水難事故(平成12年8月6日)
東海豪雨災害(平成12年9月15日~22日)
新島地震災害(平成12年10月7日~12日・平成12年11月30日~12月6日)
新潟中越地震(平成16年10月24日~11月22日)
新潟中越沖地震(平成19年7月16日~26日)
東日本大震災(平成24年3月11日~7月25日)
関越自動車道高速ツアーバス事故(平成24年4月29日)
高崎市綿貫病院近隣火災(平成25年3月4日)
御嶽山噴火災害(平成26年9月27日~29日)
関東・東北豪雨災害(平成27年9月10日~10月13日)
軽井沢スキーツアーバス転落事故(平成28年1月15日)
熊本地震(平成28年4月16日~5月17日)
日本赤十字社 群馬県支部
371-0833
前橋市光が丘町32-10
TEL:027-254-3636
FAX:027-254-3637
 
日本赤十字社 群馬県支部/〒371-0833 前橋市光が丘町32-10 TEL.027-254-3636・FAX.027-254-3637            日本赤十字社本社ホームページ>>
前橋赤十字病院/〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目21-36 TEL.027-224-4585・FAX.027-243-3380
原町赤十字病院/〒377-0882 群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町698 TEL.0279-68-2711・FAX.0279-68-2892
群馬県赤十字血液センター/〒379-2181 群馬県前橋市天川大島町2-31-13 TEL.027-224-2118・FAX.027-221-4490                          このページのトップへ▲