日本赤十字社 群馬県支部│Japanese Red Cross Society

 
 
 
職員採用試験(一般事務職)を実施します(※H29年4月1日採用)
2016-06-03
 
熊本地震に対する日本赤十字社の対応について
2016-05-31
 
救護班第7班を派遣(熊本地震)
2016-05-13
5月13日~17日、救護班第7班(前橋赤十字病院)を熊本県へ派遣しました。西原村を中心に巡回診療を行います。
発災からおよそ4週間たった今、医療ニーズの減少とともに地元医療機関等が再開しつつあり医療活動を引き継いでいく必要があるため、群馬県支部からの救護班派遣はこれが最後になります。
なお、日本赤十字社では引き続き現場のニーズに合わせ、救護班やこころのケア要員の派遣を行っていく予定です。
 
「こころのケア」コーディネートチーム(第6班)を派遣(熊本地震)
2016-05-10
 5月9日(月)、被災した方の精神的サポートを行うことを目的とした「こころのケア」活動の調整・管理を行う「こころのケアコーディネーター」(看護師長)1名、調整員1名を原町赤十字病院から被災地へ派遣しました。
 日赤は災害発生直後から被災地で医療救護活動を展開していますが、発災からおよそ3週間たった今は、医療ニーズの減少とともに、急性期の医療救護活動から保健活動としての長期に関わる支援ニーズへと変化しています。避難所生活を余儀なくされている方にかかる精神的ストレスは特に大きく、ストレスを軽減するためのケアが求められています。
 日赤の「こころのケア班」は、専門的な研修を受けた看護師や臨床心理士などからなる1チーム5人体制で、阿蘇郡西原村を中心に巡回して活動します。また、地元の保健師と連携し、DPAT など日赤以外の団体とも協力しながら活動を展開します。
5/7に行われた院内壮行会
 
救護班第5班を派遣(熊本地震)
2016-05-05
平成28年5月5日、救護班第5班(原町赤十字病院)を派遣しました。
熊本県西原村での救護所診療や巡回診療を行う予定です。
 
<これまでの派遣概要>
【第1班】(初動救護班3名)
      4/16~19 ドクターヘリ運航管理
【第2班】(初動救護班7名)
      4/16~18 ドクターヘリ運航調整
【第3班】(災害医療コーディネートチーム3名)
      4/20~25 救護班の調整、指揮等
【第4班】(救護班10名)
      4/25~29 救護所診療及び避難所等巡回診療
【病院支援】(医師1名)
      4/20~26 熊本赤十字病院支援
      (看護師2名)
      5/3~9  熊本赤十字病院支援
【支部支援】(支部職員2名)
      5/1~5  日赤熊本県支部災害対策本部支援
 
熊本県支部災害対策本部支援要員を派遣(熊本地震)
2016-05-02
5月1日から群馬県支部職員2名を熊本に派遣しました。
日赤の救護活動などを指揮する日赤熊本県支部災害対策本部の支援要員として活動します。
 
 
熊本地震災害義援金を配分委員会へ送金しました
2016-04-28
日本赤十字社は「平成28年熊本地震災害義援金」を熊本県に設置された義援金配分委員会へ送金しました。今後、同配分委員会での決定に基づき、順次被災者のもとに届けられることになります。
義援金は手数料等をとることなく、100%全額被災された皆様にお届けいたします。
 
詳しくはこちら → www.jrc.or.jp/information/160502_004260.html
 
なお、日本赤十字社が行っている災害救護にかかる資機材や救護班の派遣、救援物資(毛布、安眠セット、ブルーシート)については、日本赤十字社へ寄せられる活動資金(寄付)によって支えられています。
被災者に直接届く「義援金」と被災者を救う「活動資金」。どちらも大切な支援です。
今後もご協力をお願いいたします。
 
4月28日までに救護班4班を派遣(熊本地震)
2016-04-28
 日本赤十字社群馬県支部は、熊本地震災害での救護活動を行うため、4月28日までに前橋赤十字病院から救護班4班を派遣しました。
 今後も被災された方々に寄り添い、少しでも苦痛を取り除けるよう活動を行っていきます。
 
【第1班】(初動救護班3名)
      4/16~19 ドクターヘリ運航管理
【第2班】(初動救護班7名)
      4/16~18 ドクターヘリ運航調整
【第3班】(災害医療コーディネートチーム3名)
      4/20~25 救護班の調整、指揮等
【第4班】(救護班10名)
      4/25~29 救護所診療及び避難所等巡回診療
【医師業務支援】(医師1名)
      4/20~26 熊本赤十字病院支援
 
 
写真で見る日本赤十字社の活動(熊本地震災害)
2016-04-27
熊本地震災害に対し、日本赤十字社は24日までに61個の救護班を派遣。各地の避難所における医療救援や巡回診療、医療ニーズの調査などを行っています。
現在は阿蘇市、南阿蘇村、西原村、御船町、益城町などを中心に救護班が活動しており、今後も継続して支援を行っていきます。
 
2016年エクアドル地震救援金の受付を開始しました
2016-04-20
日本赤十字社 群馬県支部
371-0833
前橋市光が丘町32-10
TEL:027-254-3636
FAX:027-254-3637
 
日本赤十字社 群馬県支部/〒371-0833 前橋市光が丘町32-10 TEL.027-254-3636・FAX.027-254-3637            日本赤十字社本社ホームページ>>
前橋赤十字病院/〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目21-36 TEL.027-224-4585・FAX.027-243-3380
原町赤十字病院/〒377-0882 群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町698 TEL.0279-68-2711・FAX.0279-68-2892
群馬県赤十字血液センター/〒379-2181 群馬県前橋市天川大島町2-31-13 TEL.027-224-2118・FAX.027-221-4490                          このページのトップへ▲